2019年05月15日

シリコンプレート / アイロン掛けのコツ / パーラービーズ

の続きです。

アイロンビーズおばさん、
初めて使う「シリコンプレート」で
娘と楽しくビーズ遊びができました。
perlaersiliconplate3.jpg


問題はここからです。
アイロン掛けです。
perlaersiliconplate9.jpg











まずはキャンディとネコから。
プラシートでツヤツヤ仕上げにします。
perlaersiliconplate10.jpg


ところが。











ビーズがシリコンプレートにしっかりはまっている分、
片面アイロン掛けしてから外すのに大苦戦。
途中でビーズが離れてしまいました。


再度同じ面をアイロン掛けして補強した結果、
ビーズが潰れてペッチャンコです。
perlaersiliconplate11.jpg



反対側は何とか持ち直しました。
perlaersiliconplate12.jpg











キャンディーとネコで掴んだ感覚を元に、
プリンは慎重にアイロン掛けします。
perlaersiliconplate13.jpg
コツは
「ビーズの温度が下がって固まるまでシリコンプレートから外さない」
ことでしょうか。

おばさんは普段、
作品が反るのを防止するため、
アイロンペーパーやプラシートを
なるべく早く外すようにしています。

ペラッと自然にはがれてきたら
一旦ビーズからシートを取って、
また載せてから重石で挟んで冷まします。

この時、いつも使っている
硬いプレートなら作品もそのまま外れます。
今回はその方法が仇となりました。
無理にプレートから外さなくてよかったんですね。

娘の作品がちょっと踏み台のようになってしまいましたが、
シリコンプレートの特徴を体感でき、いい勉強になりました。










作品の仕上がりはこんな感じです。
perlaersiliconplate14.jpg


でも角度を変えてみると、
ネコの首輪周辺がおばさんがあわてて
アイロンの先端を当てた跡で凹んでいます。
娘よ、ごめん。
perlaersiliconplate15.jpg

仕上げのアイロンは大変でしたが、
落ち着きのない娘と
親子でパーラービーズ遊びを楽しめたので、
おばさんはシリコンプレートを買って大正解、大満足です。

最後にひとつだけ注意点を。
シリコンはホコリが付きやすいので
出しっぱなしにせず、すぐにお片付けしましょう。













posted by 阿彦伊織 at 10:00| Comment(2) | アイロンビーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クラフトさんのアイロンビーズで検索してたどり着きました。
ビーズで楽しんでいるものです。
更新を一休みしているようですが、昔の記事もあさって楽しみたいと思います。
Posted by at 2019年10月26日 21:24
コメントありがとうございます。
とても励みになります。
今後もマイペースではありますが
随時更新してまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by アイロンビーズおばさん at 2019年10月27日 23:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください

スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。