2018年12月22日

雪の結晶 / プレートとビーズの選び方 / 白 / 夜光しろ / 比較

冬になると雪の結晶を作りたくなります。
子供の頃は白や水色の折り紙を畳んで切り込みを入れ、
そうっと開いて切り紙の雪を作ったものです。

アイロンビーズおばさんの世代だと
雪の結晶といえば真っ先に雪印乳業(現・雪印メグミルク)の
ロゴマークが浮かびます。
「六角形」と「放射状に枝分かれ」がポイントですね。
改めてプレートやビーズはどう選べばよいか、比較してみました。








〇プレート(丸型と六角形)

雪の結晶をアイロンビーズで作る時は
丸型か六角形、六芒星の星型を使います。
beadsplatesnow2.jpg
カラープレートは「パーラービーズ」、
白と透明は「ハマビーズ」のプレートです。
つながる六角形のボードを複数枚連結すれば、
巨大な雪の結晶も製作可能です。


中心から放射状に6方向ビーズを並べれば、
何となく雪の結晶に見えます。
最も小さい結晶はアスタリスク(*)型です。
ビーズが12個あれば作れます。
ironbeadssnowminimum.jpg
丸型は中心部や枝先が曲線でやさしい雰囲気の結晶です。
六角形は直線と矢印で角が多く、凛とした印象です。








〇ビーズ(白系と夜光白)

・白系 

おばさんがストックしてあるパーラービーズを並べました。
透明や白っぽい色です。
「とうめい」より「ラメとうめい」の方が
透明度が高くて意外でした。
銀色のラメを目立たせるためでしょうか。
perlerbeadssnow1.jpg
左側の「旧規格の夜光しろ」は少なくとも7年以上前のビーズです。
おばさんはこの白さが好きです。今でも暗闇で光ります。
現行品の「夜光しろ」がいかに「GLOW GREEN」寄りの色か、
お分かりいただけると思います。


・夜光「白」

夜光ビーズもおばさんのストック分です。
右上2つが2 . 6mmのミニアイロンビーズです。
左側から
「アイロンdeビーズ ミニ」のクリア(表記はないが夜光)と、
「ミニフューズビーズ」夜光クリヤーです。
beadssnowglowwhite1.jpg
下段が5mmです。
左側から
クラフトモンキーさんの「アイロンビーズ」夜光タイプSG1、同商品のロット違い、
「ハマビーズ」の夜光・緑です。


やはりパーラービーズが一番緑掛かっています。
ハマビーズは鮮やかな燐光が「緑」です。
ミニアイロンビーズはどちらも「クリヤー」の通り、
透明度が高いです。5mmより弱めですが光ります。
13164128129.jpg
「アイロンdeビーズ ミニ」クリアは
6000粒入りの「クリア系アソート」
ミックスカラーパックからでも入手可能です。
封入されている「クリアブルー」も夜光です。


おばさんは比較検討した結果、単価が安く白い夜光ビーズの
「アイロンビーズ」夜光タイプSG1で雪の結晶を作ろうと思います。
手元には使いかけの一袋(2017年購入)しか残っていなかったので、
久々に追加注文しました。

しかし、届いたビーズをよく見ると、
現行品(2018年購入)の方がほんの少しだけ緑っぽいです。
glowwhite20172018b.jpg

本当に少しだけなので、写真ではうまく色味の違いが出ませんでした。
glowwhite20172018.jpg
その代わり、燐光は現行品の方が増している気がします。
アイロン掛け後も比較してみます。







posted by 阿彦伊織 at 00:00| Comment(0) | アイロンビーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

スポンサーリンク