2018年05月30日

にわとり / クロスステッチ図案 / 大人のアイロンビーズ

アイロンビーズおばさんはドット絵が好きです。
簡単なモチーフなら愛用していたパーラービーズで十分です。
でも幾何学模様やグラデーションに挑戦すると、
どうしても作品のサイズが大きくなってしまうのが悩みでした。

ミニサイズのアイロンビーズをある程度揃えて
作品を作り始めたのは2016年の初めです。
ミニハマビーズはアイロンビーズと出会った1996年頃から
存在は知っていましたが、手軽に購入できず二の足を踏んでいました。

楽天市場でたまたま見つけた「アイロンdeビーズ ミニ」を
思い切って大人買いしたのが神の思し召しか運の尽きか。
良く言えば「大人のアイロンビーズ」に熱中している手芸好きの女性、
世間一般からみると「いい歳こいて子供の手芸にハマってる」おばさんに
なってしまいました。

子供の頃には思いもよらなかった天災や、
大企業の経営難の知らせに衝撃を受け続ける、
アイロンビーズおばさんの青年期から中年期。
一度きりの人生で大好きなものを見つけられただけでも万々歳です。
これからもささやかながら、
アイロンビーズ作品の使い道や制作方法を
工夫、試行錯誤しながら楽しもうと思います。


アイロンビーズおばさんはミニアイロンビーズを使うようになってから、
クロスステッチの図案集を参考資料に取り入れています。
ステッチはドットに加え、線も表現できます。刺繍糸の色数もアイロンビーズより豊富です。
そのため、アイロンビーズで再現するには難しい部分が多々あります。
刺繍より簡単、手軽に楽しめるのがアイロンビーズの利点でしょうか。
ヨーロッパの古い図案など、おばさん好みの美しいデザインが満載なのもうれしいです。


カラーフィールド社『クロス・ステッチ図案集 イタリアのかわいいモチーフ』を参考に
赤青黄色のにわとりを作りました。

使用ビーズは「アイロンdeビーズ ミニ」、
プレートも「アイロンdeビーズ ミニ」の「透明プレート スクエア 大」です。
にわとりの胸から作り始めました。
20180425_162112.jpg

にわとりのモチーフは完成です。
クロスステッチとの大きな違いはキャンバス生地が無いこと。
今回は白に近い水色を使っているので、モチーフを強調するため透明のビーズで背景を埋めます。
購入したクリア系の大袋から「クリア」のビーズをひたすら集めます。
20180426_114416.jpg
他の色を減らすため、ついでにピンク色のハート型も並行して作りました。
作品は後日紹介します。


大分埋まってきました。
ちなみにサイトの販売ページには表記されていませんが、
「アイロンdeビーズ ミニ」の「クリア」と「クリアブルー(大袋でのみ入手可能)」は
蓄光タイプで光りますよ。
20180426_122541.jpg


完成です。
20180426_16574328029.jpg
アイロンビーズおばさんは右利きなので、横顔は向かって左向きの方が落ち着きます。
左右反転させてモチーフを作りました。
家の中で飾る予定なので、耐久性は考慮せずドット感を残した軽めのアイロン掛けです。

裏側です。
表側よりややしっかりアイロン掛けしましたが、作品がバラバラにならない程度です。
最近子供用にアイロン掛け強めの作品ばかり作っていたので、
パーラービーズにハマり始めた原点に戻った気分です。
20180426_165826.jpg






posted by 阿彦伊織 at 10:00| Comment(0) | ミニアイロンビーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

スポンサーリンク