2018年07月05日

コースター / 結露対策 / 珪藻土

「アイロンビーズのコースター」

アイロンビーズ作品の実用的な使い道の筆頭でしょう。

平面で簡単、色も形もデザイン豊富、
毎日使える、グラスマーカー代わりになる、などなど。


弱点は結露です。
氷を入れた冷たい飲み物を置くと
結露でコップもコースターもテーブルも濡れてしまいます。
暑い時期は氷なしでもびしょ濡れです。

子供たちがすぐ汚すので
ランチョンマットを使うのを止めたせいもあり、
テーブルが水で輪じみだらけになります。


以前、普通サイズのビーズ穴にミニサイズのビーズを入れて、
穴の貫通していないコースターを作りました。
が、やはり吸水性が無い材質で結露対策は無理でした。

105256.jpg

コースター上に溜まった水が接着剤代わりになり、
コップを持ち上げるとコースターも一緒にくっ付いてしまいます。

水の結露と表面張力と接着性。
ビーズの原料、ポリエチレンの耐水性。
何だか親子で理科の勉強ができそうです。


そこで、今夏は
100円ショップ「Can☆Do」で
珪藻土でできたコースターを買ってきました。

20180621_200332.jpg

形は六角形と丸にしました。
パーラービーズのSサイズのプレートで作ったコースターを載せても、
周りに数ミリから1センチ弱の余裕があります。
星型も角がはみ出しますが、ちゃんと中心に置けば使えます。

20180621_200232.jpg

20180621_200256.jpg

心配なのが高さ。

珪藻土コースターが6ミリ強、
アイロンビーズコースターが3~4ミリで
2枚合わせると1センチに。
きちんと中心にコップを置かないと絶対に倒れます。

子供が麦茶をこぼしませんように!
アイロンビーズおばさんもアイスコーヒーをこぼしませんように!






posted by 阿彦伊織 at 10:00| Comment(0) | アイロンビーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク