2018年02月02日

玄関ドアの飾り / 雪の結晶 / 雪だるま / 冬

アイロンビーズおばさんは
賃貸のマンションに住んでいます。

ご存知の通り
表札や集合ポスト、鉄製の玄関ドアなど
共同部分は一切いじれません。
部屋番号と名字のみをシンプルに
表示してあるだけです。

通路や玄関前も私物を置けません。
雨の日に濡れた傘を一時的に置くだけ。
傘立ては玄関の三和土に、
植木鉢はベランダにあります。

でも、集合住宅のルールや安全を守った上で、
ちょっとした季節の飾り付けはしたい。
そこで、玄関ドア横のアルミ製ネームプレートの下部
(水道局やNHKのシールが貼ってあるところ)に
粘着式のフックを付け、
お正月のお飾りやパーラービーズで作った
季節感のある飾りを吊り下げています。
アイロンビーズおばさんの細やかな楽しみです。


20180202_10371728029.jpg
パーラービーズで作った玄関ドアの飾り。冬の一番寒い1月から2月に飾ります。

雲と雪の結晶は
パーラービーズのろっかくプレート(小)、
雪だるまはハマビーズのボード、トラックの後輪を使いました。
20180202_123137.jpg

この作品はワイヤーで繋げて、
絹糸で吊るしました。
素材は特に決まりやこだわりは無く、
テグスを使う時もあります。

雪だるまが一番苦労しました。
まるプレート単体ではなかなかうまく作れなくて。
アイロンビーズおばさんは
なるべく一枚のプレートで、
接着せずに平べったい作品を作るのが好きなんです。
真ん丸な形に仕上げたくて試行錯誤した結果、
なんとも微妙な表情の雪だるまになりました。

雪だるまや雪の結晶はお気に入りのモチーフなので、
今後も暇を見つけては作っていきたいです。





posted by 阿彦伊織 at 13:09| Comment(0) | アイロンビーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク